くらしスリム 〜あなたに合った骨格スタイルとお片づけ〜 練馬ライフオーガナイザー&骨格スタイルアドバイザー

あたりまえを手放して、自分らしい暮らしとファッションを。すっきりと楽とおしゃれが両立する仕組みづくりをサポートします!

望む片づけと望まない片づけ

      2019/01/09


東京・練馬の
ライフオーガナイザー®︎
クローゼットオーガナイザー®︎
骨格スタイルアドバイザー®︎
鈴木裕子です。

 

年末年始は
母が一人で暮らしている
東北の実家に帰省していました。

 

年末に降った雪で
外は美しい銀世界だったのですが

 

我が実家の冷蔵庫はというと

 

こんなんなってました!!

 

帰省の度に
冷蔵庫の片づけをするのですが

一昨夏から帰省しなかったので
二年分のいろいろがぎゅうぎゅうに。

 

料理も裁縫も得意な母ですが
片づけに関してはそうはいかず

片づけが得意だった父が他界してからは
冷蔵庫の中は常にカオスです。

 

母が使いやすいように
戻しやすいように片づけているのですが

見直しをしない母の前には
オーガナイズの手法も歯が立たず(涙)。

 

冷蔵庫を片づけないと
実家暮らしがままならないので

いざ
冷蔵庫の片づけから
帰省をスタート!

 

全部出して
賞味期限を確かめ
明らかに古いものは処分。

賞味期限が2年前のものでも平気で食べ
ものを捨てることを望まない母なので
明らかに古いもの以外は
一つ一つ母に確認。

 

それにしても出てくる出てくる
漬物と瓶づめとイナゴ(笑)

手作りジャムだけでも10個。

瓶の中を確認すると
半分は食べられない状態でした。

 

畑で育てたものや
頂き物の山菜など
東北ならではの
保存食だらけの冷蔵庫。

都内で
毎日のように足りないものだけを買い物をし
頂き物の少ない私の冷蔵庫とは
中身がまるで違います。

 

一人暮らしで
もったいない世代の母には
潤沢にある食品が
重荷になってしまっています。

そうは言っても
入っているものを把握し
保存期間を気に留めながら
食生活を送る必要があります。

 

それには
一目でわかりやすく
出し入れがしやすいことが最優先

 

戻すものを
グループごとに分けます。

●常備菜
●漬物
●味噌
●わかめ
●ジャム
●加工食品

 

使用頻度を聞きながら
冷蔵庫に戻しました。

 

もともと
トレイを使って
奥のものもトレイを引っ張れば
取り出しやすくしていましたが

更にトレイを追加しました。

トレイが短いと
その手前にものを置きがちなので
奥行きがあるトレイがベストですね。

 

一番使い勝手のいい高さを大きく空けて
惣菜の残りや
御茶請け(煮物や漬物)を
重ねずにしまえるようにしました。

 

今回は
冷蔵庫収納に連動する
空き瓶やジップロックの収納も見直しました。

年々握力が弱くなっている母には
瓶の開閉が困難な様子。

使いやすい瓶だけを残しました。

 

粗品のジップロックが重なり
探しにくかった引き出しは
サイズごとに揃え
1軍と2軍と保管に分けて
立てる収納にしました。

 

更に

鍋や小袋調味料に常備菜
ビニール袋で占領されていた
ワークトップも一掃しました。

BEFORE写真がないのが本当に残念(笑)。

 

母ご所望の何もないワークトップになり
ごちゃごちゃを前に料理していた以前とは
料理中の気分が大きく変わったと
とても喜んでくれました。

 

冷蔵庫の片づけは私の都合であり
母が望んでいたことではないので
特に母のテンションは上がらず(苦笑)。

 

本人が困っている
こうなりたいと望んでいる
そこからスタートして始めて
片づけは成立するのだと
改めて実感した冷蔵庫の片づけでした。

 

 

 

 

あなただけに合った
楽で楽しい
お片づけスキルを身につけていただく

 

ーご自宅で一緒にお片づけレッスンー

詳しくはこちらから

 

 

クローゼットの片づけの前に

 

ー あなただけに似合う服を知る ー
   骨格スタイル分析

詳しくはこちらから

 

 

 

 

 

 - キッチン, スリム化のヒント , ,