くらしスリム 〜あなたに合ったお片づけ〜 練馬ライフオーガナイザー

あたりまえを手放して、自分らしい暮らしを。すっきりと楽が両立する仕組みづくりをサポートします!

取りかかりやすさを追求した自分仕様な調味料収納

      2017/09/11


苦手な料理のやる気を上げるため
毎日使う調味料収納には
私のこだわりを詰め込みました。

 

東京・練馬の
ライフオーガナイザー
クローゼットオーガナイザー
骨格スタイルアドバイザー
鈴木裕子です。

 

我が家は
夫、小6の娘、小3の息子との4人家族。

家族で台所しごとをするのは私のみで
夫は一切しない派です。
むかし、私がダメだしをして怒らせたせいですが。。

そんな訳で
我が家のキッチン収納は

私が料理しやすくて
私が掃除しやすい
超絶に私仕様になっています。

調理台とガス台周りには
インテリアを兼ねた鍋敷き以外
何も置いていません。

 

何故なら

ものがあると面倒で掃除をしなくなるから!

片づけは大好きですが
掃除は嫌いなのです。。

料理中の油がはねた調味料をさわることも
苦手な故、

調味料類は全て引き出しの中へ。

毎回出し入れするのは一見面倒に思えますが

お腹ぺこぺこのお昼や
忙しい夕方に
すぐに料理に取りかかりやすいよう

作業スペースを広く確保しておくことも
料理下手で段取り下手な私には
大事なのです。

調理台とガス台の間のベスポジに
頻繁に使う調味料を収納。

調味料ケースは
使用頻度が高い順に手前から
・塩
・片栗粉
・小麦粉
・きび砂糖

スプーンは
塩の中にもぐったりするのが苦手なので
調味料ケース内ではなく
別に保管し
調理後は食洗機へ。

我が家の引出しの深さが浅めな為
やっと出会えたぴったりサイズの
ダイソーの調味料ケース。

スパイスケースは
キャンドゥやセリアのものです。

塩や砂糖など
一度に入り切らないもののストックは
シンク下の最下段の食品ストックの引出しに。

基本的に冷蔵の必要のない食品は
ここを開ければ探せます。

 

劣化が気になる粉ものは冷蔵庫の最上段に。

こちらもダイソーのケースですが
開け閉めを楽にする為
蓋は外してあります。

 

 

液体調味料は
川崎朱実さんの収納をお手本に
ふたに種類を明記。

どこに何を置いてあるのか
分かってはいるつもりですが
書いてあれば
一瞬考えるその手間が省けますよ。

そして
引出し内で前後に動くのが気になるので
ダイソーのペン立てを設置。
シンデレラフィット!
ペン立てに入るものは一つ一つ収納。

これは液体が垂れやすいものの
汚れ防止にもなっています。

なくなると困る
・しょうゆ
・ごま油
・オリーブ油
のストックは同じ引出しの奥へ。

ペン立てが空けば
ストックが無いことが一目で分かるので
買い足しもスムーズです。

 

 

料理が苦手だからこそ
その打開策を本気で考えました。

 

作業スペースが広々しているから気持ちいい。
調味料を手に取りやすいから気持ちいい。
調味料ケースが揃っているから気持ちいい。

自然とテンションを上げてもらえる仕組み作りで
徐々に苦手が好きに変わりつつあります。

 

 

あなただけに合った
楽で楽しい
お片づけスキルを身につけていただく

ーご自宅で一緒にお片づけレッスンー

詳しくはこちら

 

 

 

 

 

 - キッチン, スリム化のヒント , ,