くらしスリム 〜あなたに合った骨格スタイルとお片づけ〜 練馬ライフオーガナイザー&骨格スタイルアドバイザー

あたりまえを手放して、自分らしい暮らしとファッションを。すっきりと楽とおしゃれが両立する仕組みづくりをサポートします!

引き出しを閉められないなら閉めない収納がある!

   


東京・練馬の
ライフオーガナイザー®︎
クローゼットオーガナイザー®︎
骨格スタイルアドバイザー®︎
鈴木裕子です。

 

とある日の和室。

引き出しが開けっ放し。。

 

犯人は息子です。

教えたこと(教えこんだこと!)は
大抵できていた息子なのに

頭の中は常に次のことでいっぱい

今を完了させるという意識
なくなってしまいました。

 

引き出しを閉めるよう何度も言いましたが
一向に変わらないので

先日お客さまのお子さん向けにお伝えした
カゴに入れるだけ収納
取り入れてみることにしました。

 

カゴに入れるだけ収納というのは
カゴを3個並べて置いて
トップス、ボトムス、靴下を
それぞれポンポン入れるだけ。

 

洗濯の後に畳む必要もなく
引き出しを開け閉めする手間もありません。

ただ、数量が多いと探しにくく
着たい洋服が見つかるまで
その辺に散らかしてしまうという危険性が。

 

お客さまの場合は
ヘビロテの1軍の洋服のみに厳選してあるので
即採用となりました。

 

息子の場合
ある程度数量があるので
畳むというアクションは必要になります。

 

そこで
こんな形にしてみました。

引き出しケースの枠を外して
ケースのみを置くだけ収納。

 

右側にボトムスと靴下

左側にトップスと週末の野球の練習着

を畳んで立てる収納です。

 

収納ケースを一段減らして
奥まで目と手が届くように
空間を大きく開けました。

 

白で統一した押入れが
あっという間にカラフルになってしまいましたが

「引き出し開けっ放しー!」

「引き出し閉めてー!」

と毎日叫ぶことはなくなりました。

 

見た目にこだわる私に
柔軟だった幼い息子は
ついてきてくれていましたが

成長した今はそうもいかなくなり
息子がラクにできる方法にシフトしています。

▶︎過去記事
子ども部屋 見た目の良さを諦めてみた

 

 

 

 

個性も大事にしながら
何が似合うか知りたい

そんな方は

ー あなただけに似合う服を知る ー
   骨格スタイル分析

詳しくはこちらから

 

 

あなただけに合った
楽で楽しい
お片づけスキルを身につけていただく

ーご自宅で一緒にお片づけレッスンー

詳しくはこちらから

 

 

 - クローゼット, スリム化のヒント, 子ども部屋 , , ,