くらしスリム 〜あなたに合ったお片づけ〜 練馬ライフオーガナイザー

あたりまえを手放して、自分らしい暮らしを。すっきりと楽が両立する仕組みづくりをサポートします!

紙袋の収納はこれに入る分だけ

   


地味な紙袋収納も
ちょっとした意識で
いい空気が流れます。

東京・練馬の
クローゼットオーガナイザー
骨格スタイルアドバイザー
鈴木裕子です。

片づけ作業にうかがうと
紙袋を沢山所持されている
お宅が多いです。

厚手の紙袋は
内側に折り曲げると
直ぐに収納道具になるので
大変重宝するのですが

使いにくい大きさのものは
長いこと出番がなく
劣化してしまっているようです。

専用の紙袋収納ボックスが
販売されている程ですから
紙袋でお悩みの方は多いんでしょうね。

 

我が家の場合ですが
紙袋を使うのは家族で私のみです。

紙袋を使うシチュエーションはと言うと

●紙ごみ用のごみ袋として
●実家から届いた野菜や果物をおすそ分けする時
●オークション等の品物の発送袋として

これぐらいでしょうか。

頂き物で紙袋が数枚増えたので
紙袋収納の見直しをしました。

紙袋を全部出して分類して、、
これらは処分することにしました。

・大き過ぎて出番がなかったもの
・強度の弱いもの
・小さくマチが浅いブランドショップのもの
・つい入れていたラッピング袋

納得のラインナップです。
最初から
入れるべきではなかったものたちですね。

 

選ばれて残ったのがこちら。

意外と多いでしょうかね。。

数で管理する方法もありますが
私の場合はIKEAのSKUBBに入る分だけ。

そして
引っかからずに
スムーズに出し入れ出来る分だけ。

お菓子やアクセサリーなどの
小さな紙袋が家に入りがちなので
書類ケースを入れて
そこに入る分だけをキープ。

新しく紙袋が家に入ってきたら
1年使っていない紙袋と入れ替えます。

1年も出番がなかったということは
デザインや強度や大きさに問題があり
需要がなかったということ。
この先も私に使われることはありません。

気持ち良く資源ごみとして
さよならします。

大丈夫です!
紙袋はまた何らかの形で
お家にやってきます!

使うシチュエーションと頻度を考えて
鮮度のいい紙袋収納を意識したいものです。

 

 - スリム化のヒント, 収納庫・押入 , , ,