くらしスリム 〜あなたに合ったお片づけ〜 練馬ライフオーガナイザー

あたりまえを手放して、自分らしい暮らしを。すっきりと楽が両立する仕組みづくりをサポートします!

家事は雑用ではない。家庭の文化になる!

      2017/10/08


東京・練馬の
クローゼットオーガナイザー
骨格スタイルアドバイザー
鈴木裕子です。

 

雑誌【かぞくのじかん】主催の
「整理収納・そうじ・主婦日記」レッスンに
参加してきました。

 

講師は
山崎美津江さんと佐藤尚子さん。

山崎さんはスーパー主婦として
NHKあさいちに度々出演されています!

 

ライフオーガナイズに出会う
少し前の2010年、

初めて、『片づけ』というものの
面白さに気づかせてくれたのは
【かぞくのじかん】誌面での
山崎美津江さんの整理収納術でした。

徹底的にものの居場所を作り
徹底的にシステム管理されたご自宅が新鮮で

しかけだらけのお宅にお住まいになる
山崎さんの連載を
毎号楽しみにしていたものです。

 

 

【かぞくのじかん】誌面での
整理収納術や家計管理術は
整然としていて
もちろん分かりやすいのですが

実際のお二人のお話からは
更に楽で楽しいものであることが
体感できました。

 

家事も
子育ても
働き方も

全てを頑張ろうとすると
出来なかったことに目を向けがちです。

気負わず
毎日の暮らしのリズムの中に
家事を取り入れていらっしゃるお二人。

それでいいんだ!
という発見を
沢山させていただきました。

 

ものの片づけ以外は
嫌いで苦手だった私。

実は、

誌面の
可愛いお裁縫や
子どもと作るお菓子や
しっかりした家計管理の
あれこれが眩しすぎて

気がついたら
購読をやめてしまっていたのです。。

まっすぐだった
若かりし日の私(笑)

今では考えられない!!

程よく、とか
やらなくていいこともある、とか
分かっていなかったんですよね。

主婦と子育てが10年を過ぎて
冷静に振り返られるようになりました。

 

佐藤さんからは

「家事は雑用ではないんです。
家庭の文化になり
家庭美になるんです。」

との言葉も。

 

家事は
単なる日々の繰り返しだけではないんですね。

私がチャチャッとすませてしまっている家事が
自然と子どもたちに受け継がれるのかと思うと
気の持ち方が変わってきます。

 

 

家そのものや
家庭を整えることは

もちろん
家族の健やかな暮らしのためであることが
根底にはあるのですが

お二人とも

「自分時間を生み出すために
家事をやっている」

のだそう!

 

あれ、、

なんだ、私と同じなんだ♡

 

「自分のお楽しみのために
家事をやっていいんですよ」

そうおっしゃっていただけた気がします。

 

笑顔とハツラツさが印象的だった
山崎さんと佐藤さん。

将来はお二人のように
楽に楽しく
日々の家事をまわせるようになっていたい、

そう思いました。

 

紅葉が始まった自由学園明日館でのステキなひとときでした。

 

 

あなただけに合った
楽で楽しい
お片づけスキルを身につけていただく

ーご自宅で一緒にお片づけレッスンー

詳しくはこちら

 

 

 

 

 

 - スリム化のヒント, 学び , ,